情報に対して着目|歯の矯正治療を行うと印象の改善にも繋がります

医師

睡眠時に出てしまうノイズ

男性

いびきをかきやすい人には幾つかの特徴があります。まずは、肥満体系の人です。肥満の人は、比較的体の中にも脂肪が付いています。そして、それは首周りや気道にも脂肪が付くのです。脂肪が喉周辺に多く付いてしまうと、あまり良くないと言われています。脂肪が付いてしまうことで、気道が狭くなるのです。その結果、いびきをかきやすくなる原因になるのです。また、口呼吸の人もいびきをかきやすいと言われています。口呼吸の人は寝ている状態でも口呼吸なので、いびきに繋がるのです。

いびきは睡眠時の呼吸の際に発生するのどから発せられるノイズのことです。睡眠時は基本的に全身の筋肉が緩むため、のど周りの筋肉も緩みます。その結果、気道が狭くなり、そこに息が通るとのど周辺の組織が振動を起こすことで、いびきへと繋がってしまうのです。

いびきには大きく分けて2種類存在します。それは、単純性いびきと睡眠時無呼吸性のいびきです。単純性いびきの場合は、風邪による鼻づまりなどの一時的な症状によるものです。このいびきは症状が改善されれば、いびきが解消されると言われています。しかし睡眠時無呼吸性のいびきは注意が必要です。このいびきの特徴としては、常時いびきがあって、かなりのノイズを発生させてしまうという点です。さらに、そのまま放置しておくと、症状は悪化してしまい重大な病気に繋がる可能性もあるのです。

睡眠時無呼吸性のいびきを改善するための方法として、マウスピースを活用する方法があります。睡眠時に使う特殊なマウスピースには、あごの位置を固定する効果があるため、いびきを予防することができます。このマウスピースは歯医者で購入できるので、症状が気になる方は診察して購入しましょう。